TAKASHIMAYA BLOG玉川タカシマヤ

【銘菓百選/三重県・深川屋特別販売のご案内】

2018.09.12
みなさまこんにちは♪和菓子担当のビターです!
9月もアッという間に中旬に・・・夏から秋へと徐々に移り変わって来てしまいましたね。
本日ご紹介しますのは、今年6月に初めて玉川タカシマヤにて限定でご紹介させていただきました【三重県・深川屋】。
江戸時代より370年余りもの長きに渡り伝統を守り続けている和菓子屋のご主人と女将さんが、9月15日(土)→17日(月・祝)の3日間限定で玉川タカシマヤ【銘菓百選】に再びやってまいります!!






三重県亀山市の旧東海道の関宿で銘菓『関の戸』を江戸時代から変わらぬ配合や作り方を守り続ける『深川屋(ふかわや)』の14代目 服部吉衛門亜樹氏。関の戸はもちろんですがこの3日間、ご主人が店内厨房にて『関の戸どーなつ』を出来立てでご用意いたします。なんと!!今回は全国どこでもまだ販売されていない『きな粉味』のどーなつも!!新登場です♪
なかなかお店に伺っても購入できないあんぱんもご用意いたします。
ぜひ、作り手本人から直接お話を聞いてお買い求めください。


●関の戸(6個入)501円

江戸時代より作り続けている銘菓。こしあんを求肥で包み和三盆糖をまぶした餅菓子。




●お茶の香関の戸(6個入)601円

創業370年余りの歴史で初めての出来た関の戸の新しい味。
抹茶ではなく伊勢茶を丁寧に石臼で挽き、和三盆糖の細度に合わせて配合した「粉末伊勢茶和三盆」をまぶした関の戸。伊勢茶本来の渋味と香りが効いた餅菓子です。


●関の戸やまとたちばな 積恋雪関扉(各3個計6個入)864円

14代目が香りに魅せられて商品化した『関の戸やまとたちばな』。
伊勢原産の希少な柑橘種「やまとたちばな」を試行錯誤を重ね、さわやかな香りを楽しんでいただけるように作った一品です。


●しゃりしゃりあんぱん(1個)238円 <各日50点限り>

関の戸をそのまま3つ中に入れて焼き上げたあんぱん。あんの中で和三盆が結晶になり『しゃりしゃり』としたした歯ごたえがお楽しみいただけます。

●関の戸どーなつ(1個)238円 ※各日11時からの販売

14代目に店内厨房にて揚げていただき販売いたします。
中にはもちろん関の戸、揚げたてに和三盆シュガーと新登場のきな粉をまぶして2種類のお味をご用意いただきます。

●和三盆食ぱん『関』(1斤5切)501円 <各日18点限り>

和三盆糖を生地に練り込み焼き上げた食パンです。

●ミニ角食~珠~(1個)301円 <9月15日(土)・17日(月・祝)各日25点限り>

手のひらサイズの角食はお茶の香関の戸を練り込んで焼いています。そのままでももちろんですがスライスして焼いて召し上がっていただくのもおすすめの一品です。


ビターの家族はこのしゃりしゃりあんぱんの虜になってしまっています・・・が、祖母に敬老の日のプレゼントに関の戸を持って会いに行こうと思います。
ぜひ、今だけの限定和スウィーツを、そしてつくり手の方ご本人から直接お買い求めくださいませ。
ご来店、心よりお持ち申しあげております。

■地階フーズギャラリー 和菓子売場【銘菓百選】

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦くださいませ。
※価格は消費税を含む総額表示しています。
ページトップへ