TAKASHIMAYA BLOG玉川タカシマヤ

【銘菓百選★THE WAGASHI開催★】

2020.06.09
みなさまこんにちは♪フーズセレクト担当のビターです。

今年ももう6月、6月と言えば・・・6月16日は和菓子の日!!

本日は和菓子の日に合わせ6月10日(水)→16日(火)まで開催いたします

『THE WAGASHI』のご紹介をさせていただきます。

 

↓↓詳しくはコチラ↓↓

【墨田区向島・青柳正家】

お手土産としても老舗料亭に使われていた羊羹を始め、季節の和菓子や今回は実演にて『あんわらび』のご紹介をいたします。

あんわらび(2個入)594円

 

【新宿区早稲田・七里香】

2017年創業。七里先までおいしさが香るよう想いをこめて店名を『七里香』とし早稲田に開店して以来、和菓子の生み出す温かい空間が大人気の和菓子のお店です。新登場のマスカット大福、豆大福、そして実演にて出来立てのどら焼をご紹介いたします。今回はオレンジピールのどら焼の新作が登場いたします。

 ロースト小麦杯芽どら焼(1個)260円

【江東区亀戸・船橋屋】

東京の下町亀戸から江戸から続く味「くず餅」を今に伝える【船橋屋】よりくず餅はもちろん、あんみつやところてんの冷やして美味しい和菓子をご紹介いたします。

 くず餅(24切)791円

 

【世田谷区経堂・亀屋】
世田谷みやげにも認定されている昭和13年創業の和菓子屋、亀屋より
人気の招福もなかをはじめ、あんみつ、まめかんなどのひんやり和スウィーツをご紹介いたします。

招福もなか(6個入)594円

  

催会場内【銘菓百選コーナー】
職人が1つ1つ手作りでお作りする上生菓子に見ためがまるで宝石に見える錦玉寒。
そして地方のお土産として人気のアイテムをご紹介いたします!
<静岡県・巌邑堂>

上生菓子 河原撫子・虹色・雨音 (各1個)各432円
旧岩村藩士が明治初期に浜松で開業した「巌邑堂」。海外での生菓子実演にも積極的に参加し、注目を浴びる5代目が手掛ける上生菓子です。


<富山県・引網香月堂>

上生菓子 菊慈童 (各1個)各540円
能楽「菊慈童」に登場する、
不老長寿の効能を持つ菊の雫を表現した意匠の上生菓子です。
 

<山形県・乃し梅本舗 佐藤屋>

上生菓子 アマビエさん(1個)540円
SNS上で盛り上がった「#アマビエチャレンジ」。疫病退散を願って、和のハーブとも呼ばれるクロモジ餡入りの練り切りでアマビエさんを表現しました。
 

 空ノムコウ (1個)324円
砂糖と寒天だけで作る伝統の錦玉羹にほんのり生姜を香らせ、透明と青・紫の二層にすることで、まるで宇宙や
水面の様な広がりある見た目に仕上げた和菓子です。


<栃木県・髙林堂>
宮のかりまん(1個)130円<各日50点限り>
かりんとうをかじっているような懐かしい黒糖風味のかりまんを土日限定でご紹介!

<滋賀県・西近江湖風菓とも栄>

MIO(ミオ)(10個入)1,620円
伝統的な琥珀糖が持つ、外の「シャリッ」、中の「とろみ」に加えて、「もちっ」としたゼリーを閉じ込めた
3つの食感を楽しめる琥珀糖です。

 

<宮城県・菓匠三全>

萩の月(5個入)832円<各日300点限り>

 

<福島県・三万石>

ままどおる(5個入)540円<各日80点限り>

 

その他、和菓子に合わせて召し上がっていただきたいお茶の老舗【文京区湯島・大佐和老舗】のご紹介をいたします。

 

※価格は消費税を含む総額にて表示いたします。

※品数には限りがございますので、売切れの節はご容赦くださいませ。

 

■玉川髙島屋フーズシティー【地階催会場】

ページトップへ